新着情報

豊市商店のお知らせ

飯塚豊市商店のコロナ対策について

現在、世界各国を騒がしているコロナウイルス。
日本では2020年1月下旬に初めて感染が確認されてから今まで、その感染を拡大させ続けており、4月9日には会社がある島根県でも感染が確認されました。

弊社では3月より、弊社の業務によってウイルスを伝播させないよう、社内で会議を重ね、現在様々な取り組みをおこなっています。

これ以上島根県で感染を拡大させないこと、いつか近い将来、また変わらない日常が送れるように。
皆様と共にあるお米屋として、皆様とともにできる限りの努力を責任をもって取り組んでまいります。


飯塚豊市商店の業務内容

弊社の主な業務は精米やその他商品の製造→配送です。

お米だけでも、個人宅、スーパー、飲食店、各種施設等に配達を行います。
様々な場所へ出入りし、複数人と接触する職業です。

もちろん今までも、病原体の媒介とならないように個人個人ができることを行い、清潔に努め、業務を行ってきました。

対策内容

コロナウイルスはその感染能力の高さ、感染してもすぐには症状が出ない等の特徴から、無意識に感染を広げてしまうといった可能性が言われています。

そこで飯塚豊市商店では、下記のことを厳守し実施しています。

・全社員のマスク着用。
・帰社時等の外部接触時、飲食の前後等に手洗い、うがいの厳守。
・配達担当へ除菌シートを配布、配達前・配達後の納品前後に使用。
・事務所内、精米所内、使用器具、リフト、複数人使用車の朝、昼、夕方の除菌、消毒。
・事務所内、精米所の常時換気。
・昼飯時に席を離す、会話時には距離を取る。

ここに挙げていない微細な取り組みもあります。
今後も必要に応じて検討し効果的に対策を追加し、実施します。

対策根拠

コロナウイルスについては、昨日まで信じられてきたことが一夜明けると誤りであったり、間違った認識や悪意ある情報(デマ)がすぐに拡散されることが多く見受けられます。

そのため飯塚豊市商店では、厚生労働省の発表する情報を対策の指針として活用しています。

【対策の根拠となる厚生労働省発表の情報(出典:厚生労働省HPより)】


(コロナウイルスが流行する前に作成されたガイドラインですが、現在求められる感染予防を網羅しています。)

【使用している啓発資料(出典:厚生労働省HPより


今後の業務について

米穀、灯油、飼料等を必要としている方々にお届けするため、今後も変わらず営業を行ってまいります。

万が一、営業休止の場合にはインターネット上での掲示は下記にて行います。
・当HP上の「新着情報欄」
・グーグル上での掲載(グーグルマップ検索時や会社営業時間の変更)


「スーパーから米が消える」デマについて

ここからは、お米屋の1従業員としてお伝えします。

少し前にインターネットSNS上にて流布された「買いだめのため、スーパーから米が消えた」といったデマについてですが、どれだけ購入されても、弊社の在庫は潤沢にあり、無くなることはありません。

外食産業へのお米の納品が減少した今ではさらに在庫があります。(もちろん、精米していない状態での在庫です。)

米穀の在庫はどこの県のお米屋さんでも同じだと思います。
給食や外食が動いていない現在、お米はスーパー等に卸すのが一番在庫が動きます。

この混乱の中にあってはスーパーの陳列棚に商品がないと不安になる方もいらっしゃいますが、お米が無くなることはありません。絶対に。

むしろ家でご家族の皆さんで沢山食べてください。沢山消費してください。沢山購入してください。
でも、買いだめするとストックされたお米は古くなっちゃうので、ほどほどに・・・。
「飯塚豊市商店のお米」じゃなくていいので、どこかのお米屋さんのお米、どこかの農家さんのお米、必要なだけ買って、沢山食べてください。

そして、コロナが落ち着いて、外食店が営業開始したら、そこでも食べてください。
食べることが、すべてを守ります。
scroll-to-top