参拝をさせていただきました!
120151005093747

出雲国風土記によると・・・

佐香郷(さかのさと)の地名の由来として、

「佐香の河内に百八十神など集い坐して、御厨立て給いて、酒を醸させ給いき。即ち百八十喜みづきて解散坐しき。」

とあり、多くの神が集まり、家を建てて酒を醸造し、何日も酒宴を続けた後、解散したと記されています。

 ----------------------------------------------------------

佐香神社(松尾神社)は、酒造りの神様として知られ、年一石(180ℓ)の酒造が許可されており、秋季例祭には地元杜氏が「どぶろく」を製造、奉納し、新酒の出来を祈願します。

当日は、今年最初の「どぶろく」が神社境内で振る舞われます。

1000~    醸造安全祈願祭

14001500 氏子祭

15302100 神楽、「どぶろく」の振舞い

---------ここからは初参加&初どぶろくの私による感想です-------------
10月13日金曜日、この日はどぶろく祭りが開催されるとあり、どことなくソワソワとした社内。
仕事が終わり、私は先輩方2名と小境町に集まり、神社を目指しました。
すっかり日が落ちた18時頃、神社に到着。
露店が軒を連ね、子供たちもかき氷を購入したりとワイワイとした雰囲気。

IMG_2497
階段を息を切らしながら上がっていくと、少しの間の静寂、すぐに祭囃子の笛の音と人の話し声が聞こえてきました。

まずは本殿にお参り。
(今年もおいしいお酒が飲めますように・・・・)とお願いをし、
お目当ての御神酒のどぶろくをいただきました。
どぶろくはおかわりが自由で、氏子の皆さんがひしゃくで小さなコップに汲んでくださいます。
IMG_2500
先輩方に飲み方を教わりながら、恐る恐るいただきます。

気になるお味は・・・これはぜひ実際に参拝をしていただいてみてください。

境内の狛犬に乾杯をしました。
IMG_2499
奉納舞踊の神楽を見ながらどぶろくをいただきます。

おつまみを持参した方は、用意されているブルーシートや境内の石に腰をかけてゆっくりと飲む様子や、楽しく語らいながら飲まれていました。

私もきゅうりの漬物が欲しいなぁと思いましたが、先輩の話によると、本来はおつまみは持ち込んではいけないそうです。


どぶろくをもって境内の外には出られないため、コップを返却口に返します。

これにて、境内の初どぶろく祭り参拝を無事終えました。

石段を気持ちよくおりた後は、松江の地ビールをいただきました。

どぶろくを使用した地ビールも特別に販売されていました。

 

そのあとも何杯かビールなどいただきました。二日酔いを覚悟していましたが、神社で神様にお願いしたご利益をいただいたのか、体の不調を感じずにこの記事をあげることができました。

 

来年も1013日に開催されます。来年はなんと土曜日!!!

今度はこっそりおつまみ持参で参加したいと思います。

scroll-to-top