新着情報

豊市商店のお知らせ

お米の検査(農産物検査)を行いました。

a1bb016fb1933ac57b3926dc8b9ff9c0
d3758bd41a57c49a8e58bc5d638729d9
飯塚豊市商店の営業所にて、
お米の検査(農産物検査)を行いました。

白と黒のお皿はカルトンという検査の道具です。
これを使い、お米が1等か2等かの等級の判断を行います。
他にも検査では、水分量、銘柄(コシヒカリ、きぬむすめ など)等々、様々なことを調べます。
検査中に少しお邪魔をして撮影させていただきました。

農産物検査を行うこと(受けること)で、安心して信頼できるお米を食卓へとお届けすることができるのです。
また次の機会に、簡単な流れを撮影してお伝えできたら・・・と考えています。

--------------------------------------------------------
農産物検査とは、生産する場所や生産方法の違いによって、品質が違ってしまう農産物を安心して取引できるように行っている検査です。

「農産物検査法」という法律にもとづき、全国で統一された規格により、
・品位(1等~3等の等級)
・年産(生産された年)
・銘柄(〇〇県産コシヒカリ等)
などの証明を行います。

農産物検査では、産地や銘柄も証明されることから、お米を購入する際の重要な判断材料となります。
お米の袋に表示された銘柄や年産の表示の基礎にもなっています。
(農林水産省HPより)
--------------------------------------------------------

IMG_2419
購入するお米を選ぶとき、意識して、もしくは無意識に「この項目は外せない」と考える項目があると思います。

・金額
・好きな銘柄のお米がある(コシヒカリ、きぬむすめ 等)
・産地(国内産が好き、地元のものが食べたい 等)
・パッケージデザイン 
などなど・・・・

お米を購入する際には米袋の下もしくは裏面に記載してある「表示欄」もご覧ください。
表示欄には、農産物検査をおこなった結果が記載してあります。原料玄米の産地・品種・産年です。
scroll-to-top