新着情報

豊市商店のお知らせ

HACCP(ハサップ)導入に向けて準備中です。

914191BB-A687-411C-80D4-09D50E8B3DED
HACCP(ハサップ)義務化に伴い、準備を進めています。

【簡単にまとめると】
・HACCPとは、世界中で採用されている衛生管理の手法。
・2020年6月から日本でもHACCPの義務化が開始、1年の猶予期間を経て2021年6月から完全義務化。
・HACCP義務化の対象は飲食店等も含む全食品関連事業者
・HACCP制度化の罰則は未定だが、条例にて罰則が定められる可能性もある。
---------------

というものです。

もっとまとめると、
「食品の衛生管理をしてね。手順を『みえる化』して管理してね。」
というもので、今までは飲食店、製造業の自主努力に頼っていた部分をある程度の水準まで引き上げ、統一化を図ろうというものです。
(なお、飯塚豊市商店はISO9001を取得しています。これも似たような取り組み。)
食品衛生管理の国際的な基準になっているため、国内の義務化、法制化を進めて海外との食品取引をさらに増やそうという目的があると思います。

豊市商店の事業内容の1つ「お米屋(精米)」は食品関連事業者です。
豊市商店は「一般財団法人 日本米穀商連合会(日米連)」の指導のもと、
HACCP導入に向けて準備を進めることとなりました。

弊社ではすでに「ISO9001」を取得しており、下記の取組みは実施済みです。
・精米所内の設備点検チェック、清掃記録

HACCPと重なるところがあるため、追加で下記の取組みや記録を新しく始めました。
・従業員の健康報告(健康かどうか、指先にケガがないかどうか)
・精米所内の清掃記録内に、「鼠族・害虫対策、防虫・駆除」実施日、内容の記載
・事務所周辺の清掃記録(トイレ清掃等)


HACCPは、
①食品の製造過程でどのような食品汚染の危険があるのかを事前に予知
②その危険を回避するために行うべき対策を決定
③実際に行われた管理を記録する
食品汚染が生じた場合に、どの工程で汚染が生じたのかを明確化することができます。
(例:食品に異物(金属)が混入するかもしれないから金属探知機に通す。等)

飯塚豊市商店では、今までもこれからも、お客様皆様に対してお米の安全安心をモットーに
よりよい品質のお米をご提供できるよう、日々衛生管理、技術向上に努めています。

HACCPと英語が並ぶととても難しそうな取り組みにみえますね。
でも実際に現場がおこなう取り組みは、「清掃して、設備の点検をして、記録する」
この繰り返しです。
(毎日やるとなると結構大変ですけどね・・・でもそういうものなので毎日します)

ISOやHACCP等の制度を導入していない事業所でも、普段から行っているような内容ばかりで、特別な器具が必要だったりシステムが必要ということはありません。

義務化が来てから現場に導入するのではなかなか習慣づかなくて大変だと思うので、
はやめはやめの導入をオススメします。
scroll-to-top